エロ&風俗情報 ヌキヌキ

お願い

当サイトはアダルト情報を多く含んでいます。
18歳未満の方は閲覧できますのでご了承ください。

カップ麺オナニーで快感を!

オナホールが普及する前からあったとされているカップ麺オナニーの方法を解説!

カップ麺男性の皆さんが今では当たり前の様に利用してオナニーしているオナホール。このオナホールですが1980年代に内部にスポンジ貼られた最初のオナホールが発売されて大ヒットしました。しかしその以前から道具を使ったオナニーとして定番だったのがカップ麺オナニーでした。現在でも、オナホールなどを買うのが恥ずかしい方なんかがカップ麺オナニーを楽しんでいます。今回はそんなカップ麺オナニーのやり方についてご紹介していきます。

カップ麺オナニーをする場合、カップの底が深いタイプを選びましょう。そのうえで、スープや具が別々に包装されているものがおすすめです。これは、スープの匂いがペニスに付かないようにするために重要です。中には、カレー系や激辛系など刺激が強くなるのではと期待して挑戦される方がいますが、ヒリヒリするし匂いは取れないし間違いなく後悔するので、やめた方がいいです。

まずは上蓋にペニスが入るサイズの穴をあけます。その穴からスープや具を取り出してお湯を注ぎましょう。この時、普段よりもたっぷりとお湯を入れることです。そして、その後は麺がふやけるまで放置します。大体、30分もすれば完全に麺がふやけてカップ麺の中にぶわっと広がります。

そして残っているお湯を上に空けたペニス穴から湯切りします。ここで大事なのが、お湯を切った後、中の温度を確認することです。実際に指を入れてみましょう。外側は冷めてきているけど、中はアツアツなんてこともありますので、注意が必要ですよ。

中の温度が大丈夫だと確認できたら、いよいよカップ麺オナニーを楽しむ時間です。ペニス穴から突っ込み、上下に擦ったり回転させたりして感触を楽しみましょう。ひと肌の温度の麺がペニスに絡まり、亀頭やくびれの部分を絡まりながら撫で上げていく感触はかなり気持ちいいです。ミミズ千匹と言われる名器をお手軽に楽しめる方法と言えます。

これがオナホールが発売前から使われていたカップ麺オナニーです。最近ではオナホールのレベルも上がり、本物のアソコを超えるような物まであります。しかし原始的な方法を試してみたい、買いに行くのが恥ずかしいって方は是非試してみてはいかがでしょうか。